弊社サービスは少数精鋭で、専任担当がM&A戦略指揮、実行を行います。

企業価値評価、ターゲット選定、交渉、買収監査など範囲なマーケティング力を駆使して全体を通じたベストな戦略と実行を行う。膨大なコネクションを保有している事から、少数精鋭組織で最適な価格を提供できると考えております。




東北大学文学部言語学科卒業、フランスISA経営大学院卒業、MBA(経営学修士)取得。
サントリー鞄結檮燒ア部、サンド・ジャパン轄燒ア部長を経てルイヴィトン・モエヘネシーグループ入り。同グループにてゲラン且謦役管理本部長、セリーヌジャパン滑ヌ理本部ディレクターを歴任した後、株式会社ソリューションパートナーズを設立し現在に至る。
昭和57年10月、町山三郎公認会計士事務所を開業。 中小企業と医療機関を2大柱とした経営税務の指導をおこなう。公認会計士・税理士として20年以上にわたり全国的規模で活躍するかたわら、各種団体の委員や顧問としても活動中。医療に関する多くの著書を執筆。

町山三郎著書リスト
株式会社ネットショップ総研創業者。現研究所長。 ECデザイナーとして撮影からデザイン制作を前線で行う。世界的経済誌「ウォール・ストリート・ジャーナル」のECコメンテーター。
またアーティストとして、さくら水産のテーマソングを作詞作曲しカラオケ化。 http://bit.ly/qa53p0
大学を卒業後、大手証券会社に入社し、主に投資部門でのディーリングおよびファンドマネージャー業務、株式上場支援部門で数々の公開準備プロジェクトに携わる。
大手外資系証券会社との合併を機に証券会社を退職し、ソリューションパートナーズに参画。主にロールアップIPOに伴うM&Aプロジェクトを担当し、実績を積み上げている。

国立大学を卒業後、大手都市銀行に入社。本店営業部で融資業務に携わった後、投資銀行業務部門にてM&A業務に携わる。外資系投資銀行に転職後、ソリューションパートナーズに参画し、アナリストとしてM&Aプロジェクトに携わる。大手銀行の他、地銀、信用金庫などの金融機関と太いパイプを持ち、買手候補の資金調達支援も行っている。
 

 
 
 

M&Aコンサルティング

ロールアップIPO上場支援

海外M&A(エムアンドエー)支援

M&A人材支援

 

他社との違い

弊社サービスのメリット

成功事例・失敗事例

課題から解決


M&Aの歴史

会社売却・買収のメリット・デメリット

M&Aの種類

企業の評価手法

デューデリジェンスのポイント・必要書類

M&Aの一般的コスト

ファイナンシャルアドバイザリーの役割

M&Aにおける会計士・弁護士の役割

投資ファンドによるM&A

会社を高く売るには

事業再生におけるM&A

≫その他メディア情報はこちら

 
企業譲渡、事業継承、会社売却
 

私共は他社のように着手金で収益を上げようと思いません。 あくまで着手金ゼロ。完全成果報酬としています。
この事はM&A(エムアンドエー)における会社売却、事業譲渡への本気度を示します。

背景には企業財務、法務、労務、業務、コンプライアンス等、コンサルティング全てに高い知見が求められますが、そのサービスクオリティが高い成功率を生み出し、良質なスパイラルを基盤としたM&A支援が可能です。

私共は自らを「FA Maestro」と称し、業界促進のためにサービスを提供しております。

 
 





  一部のM&Aコンサル会社では、紹介者などを通した情報収集提供活動、同時・広範囲な営業活動など、機密保守意識の低い行動をとる会社があります。これら不用意な行動は、匿名といえども、推測に基づく情報漏洩や企業価値の低下の引き金になることがあります。一例を挙げればWEB上に匿名で「売り案件/買い案件」と一覧を出す会社は注意が必要です。私共の元にはセカンドオピニオンとして依頼を受けるケースが非常に多くなっております。