デューデリジェンス
ポイント
必要資料
M&Aコラム一覧



 

買収監査、いわゆるデューデリジェンスとは投資を行う際に、本当にその企業に十分な価値があるのか、
またリスクはどうなのかを詳細に調査する作業で、主に買収側自身、または外部のデューデリジェンスを実行する企業が売却側企業調査します。デューデリジェンスでは以下が重要なポイントとなります。


・ 不良・遅滞売上債権の有無
・ 商品在庫の質的評価と数量的適正性
・ 不動産や有価証券の時価評価
・ 足元の業績(予算対比)
・ 買収後の資金繰り見込み
・ 進行期の年間業績見込み
・ 縮小可能なオーナーコスト(オーナー一族への報酬やオーナー一族との取引)
・ 株主構成とコントロール状況
・ 簿外債務の有無
・ 従業員の就業状況(コンプライアンスリスク)
・ 組合の有無
・ 役員慰労金規定の有無
・ 金融債務と連帯保証
・ 中期事業計画の信ぴょう性
・ コア人材の就業継続性
・ 現オーナー退任の経営への影響力


デューデリジェンス
ポイント
必要資料
M&Aコラム一覧



 

デューデリジェンスを通じて、売り手側は主だって以下の資料を求められる事が一般的です。

・ 会社登記簿謄本
・ 定款
・ 組織図
・ 株主名簿
・ 役員名簿
・ 直近3年分の決算書
・ 直近3年分の総勘定元帳
・ 直近3年分の税務申告書
・ 進行期に関する直近月までの試算表
・ 預金通帳
・ 固定資産台帳
・ 不動産登記簿
・ 銀行借入に関する契約書
・ 就業規定
・ 給与規定、退職金規定
・ 退職慰労金規定
・ 従業員名簿及び給与台帳
・ 雇用契約書
・ 取引先との契約書
・ 賃貸借契約書
・ リース契約書
・ 保険契約書
・ 過去3年程度の株主総会議事録、取締役会議事録
・ 過去3年程度の株主の移動に関する記録
・ 訴訟及び紛争の記録








  一部のM&Aコンサル会社では、紹介者などを通した情報収集提供活動、同時・広範囲な営業活動など、機密保守意識の低い行動をとる会社があります。これら不用意な行動は、匿名といえども、推測に基づく情報漏洩や企業価値の低下の引き金になることがあります。一例を挙げればWEB上に匿名で「売り案件/買い案件」と一覧を出す会社は注意が必要です。私共の元にはセカンドオピニオンとして依頼を受けるケースが非常に多くなっております。