2017
2017年1月12日
2014
2014年10月1日


会社情報
代表挨拶
プレスリリース


 

CIO最高情報責任者に
株式会社ネットショップ総研創業者 長山衛氏を招聘

報道関係者各位
プレスリリース

2017年1月12日
株式会社ソリューションパートナーズ

株式会社ソリューションパートナーズは、経営体制の強化を目的として、株式会社ネットショップ総研創業者の長山衛氏を新たにCIO最高情報責任者として迎える事を決定いたしました。

今後も株式会社ソリューションパートナーズでは、積極的な事業展開の拡大を図って参ります。


[リリースの問い合わせ先]
株式会社ソリューションパートナーズ
〒101-0052 東京都千代田区神田錦町 3-21

担当 野田淳
j-noda@solution-p.co.jp






 

ヒト体生幹細胞による、椎間板ヘルニア及び
肥満・糖尿病治療の研究開発プログラム普及活動事業を開始

報道関係者各位
プレスリリース

2014年10月1日
株式会社ソリューションパートナーズ

ヘルスケア事業及び医療経営コンサルティングを手がける株式会社ソリューションパートナー ズ(東京都千代田区:代表取締役石垣正巳)は、2014 年 8 月、米国の再生医療先端企業である BioRestorative Therapies Inc.(米国フロリダ州、代表取締役 Mark Weinreb)と、日本及び 中国における独占的事業提携契約を締結いたしました。

これに伴い、株式会社ソリューションパートナーズでは、2014 年 10 月より、日本及び中国に おける椎間板ヘルニア及び肥満・糖尿病治療の研究開発プログラム普及活動事業を展開いた します。

米国の再生医療先端企業 BioRestorative Therapies Inc.では、現在 3 つの研究開発プログラ ムを進めています。

1.骨髄幹細胞による椎間板ヘルニア治療(brtxDISC プログラム)
2.褐色脂肪幹細胞による肥満・糖尿病の治療(ThermoStem プログラム)、
3.アンチエイジング化粧品のための幹細胞有効成分の開発(brtx-C プログラム)

1.骨髄幹細胞による椎間板ヘルニア治療(brtxDISC プログラム) brtxDISC プログラムは、標準治療で効果が見られず、外科手術しかないとされた椎間板ヘル ニアの患者を対象にした治療で、患者の骨髄から抽出・培養した幹細胞を、特殊な注射器で 患者本人の患部に注入します。 米国では、前臨床が既に終わり、臨床試験に入る準備段階です。自己の細胞を使用するため、 日本国内では、免疫細胞療法と同様、医師の判断のもと現段階で導入が可能です。

2.褐色脂肪幹細胞による肥満・糖尿病の治療(ThermoStem プログラム)、 ThermoStem プログラムは、成人になるとなくなると考えられていた褐色脂肪細胞から抽出す る幹細胞により、肥満と糖尿病(U型)の治療を行うものです。米国ユタ州立大学病院内に ラボを構え、褐色脂肪細胞のサンプルを豊富に貯蔵しています。現在前臨床の段階で、2016 年には臨床試験に入る見込みです。 また、自己細胞による治療と同時に、同種細胞による製薬化も進めています。 こちらは、2014 年 4 月より、ファイザー社と共同研究も開始しています。

3.幹細胞由来の有効成分を配合したアンチエイジング化粧品の開発(brtx-C プログラム) brtx-C プログラムは、ヒトの幹細胞細抽出過程で、皮膚細胞に与えるとコラーゲンやフィブ ロネクチンといった、「皮膚の老化を防ぐタンパク質成分を増加させる細胞成分」を発見した ものです。 この新成分を配合した画期的なアンチエイジング化粧品の開発を進めています。

株式会社ソリューションパートナーズは、これらのプログラムを、日本及び中国市場に導入す るため、製薬会社、バイオ企業、化粧品会社、各研究機関等との事業提携、共同研究、製品開 発、実施権の供与などを進めてまいります。

BioRestorative Therapies Inc.
http://www.biorestorative.com/

BioRestorative Therapies 社発表のプレスリリース
http://bit.ly/1Bz9kei


[リリースの問い合わせ先]
株式会社ソリューションパートナーズ
〒101-0052 東京都千代田区神田錦町 3-21

担当 野田淳
j-noda@solution-p.co.jp


 

M&Aコンサルティング

ロールアップIPO上場支援

海外M&A(エムアンドエー)支援

M&A人材支援

 

他社との違い

弊社サービスのメリット

成功事例・失敗事例

課題から解決


M&Aの歴史

会社売却・買収のメリット・デメリット

M&Aの種類

企業の評価手法

デューデリジェンスのポイント・必要書類

M&Aの一般的コスト

ファイナンシャルアドバイザリーの役割
12月
1月
2月
メールお問い合わせ
25
32
28
電話お問い合わせ
11
7
15
ご紹介
14
18
16

≫その他メディア情報はこちら

 
企業譲渡、事業継承、会社売却
幹細胞による再生医療査普及活動を行っております。
弊社代表のビジョン、理念を紹介致します。
 

私共は他社のように着手金で収益を上げようと思いません。 あくまで着手金ゼロ。完全成果報酬としています。
この事はM&A(エムアンドエー)における会社売却、事業譲渡への本気度を示します。

背景には企業財務、法務、労務、業務、コンプライアンス等、コンサルティング全てに高い知見が求められますが、そのサービスクオリティが高い成功率を生み出し、良質なスパイラルを基盤としたM&A支援が可能です。

私共は自らを「FA Maestro」と称し、業界促進のためにサービスを提供しております。

 
 
 







  一部のM&Aコンサル会社では、紹介者などを通した情報収集提供活動、同時・広範囲な営業活動など、機密保守意識の低い行動をとる会社があります。これら不用意な行動は、匿名といえども、推測に基づく情報漏洩や企業価値の低下の引き金になることがあります。一例を挙げればWEB上に匿名で「売り案件/買い案件」と一覧を出す会社は注意が必要です。私共の元にはセカンドオピニオンとして依頼を受けるケースが非常に多くなっております。