M&Aのプロジェクトにおいて、株式譲渡によって事業譲渡される場合、
企業の法人格自体には影響がないため、雇用契約、就業規則といった労働関係は
そのまま継続されます。

そして事業が引き継がれることにより仕事の内容が大きく変わることはないと想定されますので、当然法律的にも解雇や労働条件の切り下げはできません。

様々な事情により、会社の売却を希望される売手オーナーとしても、
これまで共に苦労を重ねてきた従業員の方々が、事業譲渡によって職を失うことを望むものではありませんので、M&Aのプロジェクトにおいてはこれをしっかり理解していただける
買手候補に事業が譲渡されるということになります。

ところが、ごく希にではありますが、オーナーシップが変わることにより、
共に退職を希望される方が出るケースがないわけではありません。

また、経営継続が難しく私的再生あるいは民事再生でスポンサー企業に事業再生を託す場合、
どうしても一部事業の撤退などが避けられず、それに伴う雇用調整の必要性に
迫られることがあるのも事実です。

そのような場合、ソリューションパートナーズでは、
雇用の継続を他の企業への再就職という形で支援するサービスを提供しています。
この再就職支援サービスは、就職活動の準備作業から、実際の就職活動まで、
幅広くサポートを行うものです。

以下そのサービスの項目をご紹介いたします。

@自己のキャリアの棚卸
Aキャリアプランの作成
B活動プランの作成
C職務経歴書・履歴書の作成
Dジョブサーチプランの作成
Eジョブサーチ活動と活動管理
F面接の想定問答作成
G面接アフターフォロー
H契約書の確認

たとえるならば、私たちはメダルを目指すマラソンランナーのコーチです。
競技のスタートが切られれば、頼れるのは自分の力だけです。

しかし、そこにいたるまでに重ねられた、ランナーとコーチの信頼関係に基づいた厳しい練習こそが、勝利への礎となるのです。新しい目標達成のために、私たちは、
持てる叡智と技のすべてを提供いたします。

精度の高い理解・分析が、最適なジョブマッチングの可能性を高め、また、隠れた経歴の発見が、思わぬチャンスをもたらします。あらゆる角度から求職者のスキル・経験・人柄を分析する当社独自の網羅的・有機的分析プログラムは、高い就職率を実現させます。

私共はこれらの知見を保有し、再就職支援を包括した事業譲渡、会社売却のコンサルティングを行っております。







弊社の料金は完全成果報酬です。つまり私共はM&Aを成功させて初めて収益となります。
つまり成功させるために
M&Aにかける人員と時間が圧倒的に違います

そして発注者様の皆様が価格以上のサービスで売上向上したと大変満足されているのが 何よりの実績です。 ただし、そんな理由だからこそ支援をさせて頂く案件の数には限界があります。

そしてこのサービスは提供する側にはかなりハードであるため、
下記のようなお客様はお断りさせて頂いております。

■協力関係を築けない方。(お客様と一心同体で代行するため)
■学ぶ姿勢のない方
■議論を吹っかけて、不必要に時間をかける方。
■自分の都合ばかりを押し付ける方。
■申し込んでおきながら連絡をしてこない方。
■初心者だから何も出来ないと開きなおり逆ギレする方
■お前の力を試してやろうというスタンスの方。目的が違います。

 
 

M&Aコンサルティング

ロールアップIPO上場支援

海外M&A(エムアンドエー)支援

M&A人材支援

 

他社との違い

弊社サービスのメリット

成功事例・失敗事例

課題から解決


M&Aの歴史

会社売却・買収のメリット・デメリット

M&Aの種類

企業の評価手法

デューデリジェンスのポイント・必要書類

M&Aの一般的コスト

ファイナンシャルアドバイザリーの役割

M&Aにおける会計士・弁護士の役割

投資ファンドによるM&A

会社を高く売るには
1月
2月
3月
メールお問い合わせ
32
28
25
電話お問い合わせ
7
15
11
ご紹介
18
16
14

≫その他メディア情報はこちら

 
企業譲渡、事業継承、会社売却
幹細胞による再生医療査普及活動を行っております。
弊社代表のビジョン、理念を紹介致します。
 

私共は他社のように着手金で収益を上げようと思いません。 あくまで着手金ゼロ。完全成果報酬としています。
この事はM&A(エムアンドエー)における会社売却、事業譲渡への本気度を示します。

背景には企業財務、法務、労務、業務、コンプライアンス等、コンサルティング全てに高い知見が求められますが、そのサービスクオリティが高い成功率を生み出し、良質なスパイラルを基盤としたM&A支援が可能です。

私共は自らを「FA Maestro」と称し、業界促進のためにサービスを提供しております。

 
 
 




  一部のM&Aコンサル会社では、紹介者などを通した情報収集提供活動、同時・広範囲な営業活動など、機密保守意識の低い行動をとる会社があります。これら不用意な行動は、匿名といえども、推測に基づく情報漏洩や企業価値の低下の引き金になることがあります。一例を挙げればWEB上に匿名で「売り案件/買い案件」と一覧を出す会社は注意が必要です。私共の元にはセカンドオピニオンとして依頼を受けるケースが非常に多くなっております。