私共に頂いた
累計300社以上の課題は全て異なります。
つまり300以上の課題でした。

ですので、パターン化して
画一的に型にハマったM&Aコンサルティングはできません。

当然と言えば当然で、お客様の歴史、人員、理念、それだけでも違うわけです。
そして、お問い合わせいただくタイミングが違えば、その時の市場環境自体が違うので
私共は毎回全てのお客様に対して、じっくりと現状、お悩みをヒアリングさせていただきます。

そしてお客様それぞれにあったM&Aプランを立てさせて頂きます。

しかし傾向というものは存在します。

ここではその傾向を記載するとともに、
どのような対策が必要であるかの指針になれば幸いです。


会社売却・企業譲渡・事業継承の専門企業

市場での優位性が見出せなくなった
業界再編期における経営方針模索段階。
従業員に満足な報酬を出せなくなった
経営課題の理解がある段階、手段指定のご要望。
最も多く、最も腕の見せ所である課題です。NDA締結後に綿密なヒアリングをさせて頂き提案を致しますが、この場合はこちらから大まかにお問い合わせいただくのが良いです。 ≫お問い合わせ
  減益の原因が市場における御社のポジショニング要素なら、このご相談は多々ございます。クライアント分析を拝見させて頂き、オーナー経営者に最適な経営方針をご提示します。 ≫国内M&A支援
 



上場を目指しているが売上が伸びていない
ロールアップIPOでの上場可能性大。
早めに事業継承して引退したい
継承者の有無および事業展開のご相談。
複数の会社が一体となることにより事業価値を最大化させ、比較的短時間でかつ単体よりも大きな創業者利得の獲得を実現できる方法を推進します。 ≫お問い合わせ
  最も多い課題の一つです。「いつ、どのくらいの金額で、どんな会社に」といった内容をNDA締結後に綿密なヒアリングをさせて頂き提案を致します。 ≫国内M&A支援
 



売却をしたいが、どうすれば良いかわからない
イグジット目的。売却後の再就職支援なども可能。
海外の企業を買収して世界展開をしたい
世界戦略の方法論としてのM&A支援。
財務諸表を拝見させて頂き、KPIと共にロードマップを提案する場合が多いです。この場合はこちらから大まかにお問い合わせいただくのが良いです。 
≫国内M&A支援

  弊社代表の欧州圏におけるFA活動経験を元に、言語対応はもちろん財務諸表、各国の税制に精通し最適なクロスボーダーM&Aを遂行します。
≫国内M&A支援

 



これらは一例となります。
ここに書ききれないほどの多くの課題を頂きました。
その知の集約はきっとお役にたてるものと考えております。


特に下記のようなお客様に、多くの支持と感謝を頂いております。
 
  ●過去にM&A支援業者に依頼したが売買成立しなかった (セカンドオピニオン)
●業界再編に伴い、大手に吸収してもらいたい。 (戦略補助)
●若手経営者に事業継承したい。 (事業継承)
●これからの成長戦略に自信が持てない。(市場優位性不足)
●新たにやりたい事業があり、その資金が欲しい。(イグジットによる新ステージ)
●自社の製品やサービスに自信はあるが販売力に自信が持てない。(友好的M&A)
●廃業、清算をご検討される方。(売却清算)
●担当者の急な不在のリスクが回避したい。

 
 
 


 

M&Aコンサルティング

ロールアップIPO上場支援

海外M&A(エムアンドエー)支援

M&A人材支援

 

他社との違い

弊社サービスのメリット

成功事例・失敗事例

課題から解決


M&Aの歴史

会社売却・買収のメリット・デメリット

M&Aの種類

企業の評価手法

デューデリジェンスのポイント・必要書類

M&Aの一般的コスト

ファイナンシャルアドバイザリーの役割
12月
1月
2月
メールお問い合わせ
25
32
28
電話お問い合わせ
11
7
15
ご紹介
14
18
16

≫その他メディア情報はこちら

 
企業譲渡、事業継承、会社売却
幹細胞による再生医療査普及活動を行っております。
弊社代表のビジョン、理念を紹介致します。
 

私共は他社のように着手金で収益を上げようと思いません。 あくまで着手金ゼロ。完全成果報酬としています。
この事はM&A(エムアンドエー)における会社売却、事業譲渡への本気度を示します。

背景には企業財務、法務、労務、業務、コンプライアンス等、コンサルティング全てに高い知見が求められますが、そのサービスクオリティが高い成功率を生み出し、良質なスパイラルを基盤としたM&A支援が可能です。

私共は自らを「FA Maestro」と称し、業界促進のためにサービスを提供しております。

 
 
 







  一部のM&Aコンサル会社では、紹介者などを通した情報収集提供活動、同時・広範囲な営業活動など、機密保守意識の低い行動をとる会社があります。これら不用意な行動は、匿名といえども、推測に基づく情報漏洩や企業価値の低下の引き金になることがあります。一例を挙げればWEB上に匿名で「売り案件/買い案件」と一覧を出す会社は注意が必要です。私共の元にはセカンドオピニオンとして依頼を受けるケースが非常に多くなっております。