弊社のコンサルティング成功率は72%。
残念ながら100%とは申し上げられません。しかし高確率で成功している事は事実です。

私共の事例は他社様と異なり「医療」が多いです。
その理由は当社設立当初、「M&Aで最も難しい業種は何か?」と私共は考えました。
そしてその業種を徹底的に研究し、より深いM&Aの知見を蓄積する事にしました。

命を預かる業種だからこそ、徹底した管理、コンプライアンス、採用難・・・
あげたらキリが無い最高難易度の「医療M&A」を極める事で、全ての業種を網羅できると信じております。

現在はそのナレッジをもとに上場企業のお客様にも支援させて頂いております。
一例を挙げれば流通・IT・人材・外食など大変多くのお客様にご好評いただいております。

なにより最大の実績は発注者様の皆様が価格以上のコンサルティングだと大変満足されているのが
何よりの実績です。

事業売却、事業譲渡




エムアンドエー 「思いもよらない業界企業に売却できました」
製造会社をIT企業に売却したオーナー経営者のケース

今回の事業譲渡を通して、日本にもポテンシャルの高い若い世代の経営者が多くいることがわかりました。私たち団塊の世代の経営者が、勇気をもって次の世代に事業を譲ることの意義を改めて感じた次第です。今後は、彼らの後ろから経営のフォローをさせていただき、社会貢献できればと思っています。
 

事業売却、事業譲渡 「仕事のスピード感に驚きました」
流通業界内で経営統合を行ったオーナー経営者のケース

仕事のスピード感といいますか、間髪入れない行動力には驚きました。また、スピードを優先させると概して正確さが落ちるものですが、常に緻密にかつ想定に基づいて事前事前に物事を進める姿勢には感銘を受けました。当社は、今回選択した事業に今後は経営資源を集中させ成長を目指しますが、ソリューションパートナーズ社のスピード感を見習って仕事をしていきたいと思いっています。今後ともよろしくお願いします。
 

事業売却、事業譲渡 「株式上場を目指します」
ロールアップIPOをプロジェクトに参画いただいたオーナーのケース

まさか、当社が株式上場を目指せるとは思っていませんでした。今は、社員全員で3年後の上場を目指して、グループ企業になった皆さんと頑張っています。
 
 

事業売却、事業譲渡 「徹底した情報管理に驚きました」
家族経営の製造業を大手企業に売却したケース

相談当初から最終の決済まで、当社の経営事情もあり、身内にも情報を開示しないようにとの徹底した機密管理に、正直驚きさすがプロと思いました。当初からソリューションパートナーズ社に相談しなかったら、もっと色々な外部関係者に相談していたと思いますので、確かに変な噂が出ていた可能性もありますし、また反対する者がいたかもしれません。私は、もともと悩む方ですから、その意味でも集中してゴールに向かうことができたこと、感謝しています。
 

事業売却、事業譲渡 「専門分野に対する理解力がすごい」
特許取得メーカーを売却したオーナー経営者のケース

当社の製品は、細かな特許もあり日本でのシェアも推定80%と高いですが、目立たない消耗部品ですので、取引先の大手企業でも一部の技術者の方しかその価値を理解いただいていない場合も多いです。これを短時間で深く勉強いただき、なるほどと思う会社も含めて的確にターゲット企業のリストアップをしていただいたと思います。その理解力といいますか、徹底した探究心には頭が下がりました。
 

事業売却、事業譲渡 「お願いして本当に良かった」
IT企業を飲食グループに売却したオーナー経営者のケース

当初より伺っていた通りデューデリジェンスから決済までが、本当に大変な毎日でした。ソリューションパートナーズ社のサポートがなかれば、精神的に乗り切れなかったかもしれません。もともと、私が高い目標設定をしたのもその要因ではありますが、最後まで私の希望を尊重いただいて感謝しています。御社の粘り強い対応がなければ、途中でディールをあきらめていたかもしれません。
 

事業売却、事業譲渡 「他社の案件情報公開に疑問を持っていました」
生鮮仲卸業を外食企業に売却したケース

よくご同業のM&Aコンサル会社のホームページに掲載されている買手・売手案件情報が、意味のないものということが今回よくわかりました。M&Aというのは、不動産案件や人材の求人案件とは異質で、そんな簡単なものではないですね。それに、匿名といえども売却案件を公開するというのは、機密保守意識の上では問題があると思いました。
 





 

M&Aコンサルティング

ロールアップIPO上場支援

海外M&A(エムアンドエー)支援

M&A人材支援

 

他社との違い

弊社サービスのメリット

成功事例・失敗事例

課題から解決


M&Aの歴史

会社売却・買収のメリット・デメリット

M&Aの種類

企業の評価手法

デューデリジェンスのポイント・必要書類

M&Aの一般的コスト

ファイナンシャルアドバイザリーの役割

M&Aにおける会計士・弁護士の役割

投資ファンドによるM&A

会社を高く売るには
1月
2月
3月
メールお問い合わせ
32
28
25
電話お問い合わせ
7
15
11
ご紹介
18
16
14

≫その他メディア情報はこちら

 
企業譲渡、事業継承、会社売却
幹細胞による再生医療査普及活動を行っております。
弊社代表のビジョン、理念を紹介致します。
 

私共は他社のように着手金で収益を上げようと思いません。 あくまで着手金ゼロ。完全成果報酬としています。
この事はM&A(エムアンドエー)における会社売却、事業譲渡への本気度を示します。

背景には企業財務、法務、労務、業務、コンプライアンス等、コンサルティング全てに高い知見が求められますが、そのサービスクオリティが高い成功率を生み出し、良質なスパイラルを基盤としたM&A支援が可能です。

私共は自らを「FA Maestro」と称し、業界促進のためにサービスを提供しております。

 
 
 







  一部のM&Aコンサル会社では、紹介者などを通した情報収集提供活動、同時・広範囲な営業活動など、機密保守意識の低い行動をとる会社があります。これら不用意な行動は、匿名といえども、推測に基づく情報漏洩や企業価値の低下の引き金になることがあります。一例を挙げればWEB上に匿名で「売り案件/買い案件」と一覧を出す会社は注意が必要です。私共の元にはセカンドオピニオンとして依頼を受けるケースが非常に多くなっております。