M&Aのコスト
FA手数料
弁護士費用
司法書士費用
税理士費用
M&Aコラム一覧



 

M&Aは専門的知識と相手候補探しあてる洞察力、
また忍耐力を伴った行動力とスピーディーな対応力が必要です。

事業譲渡をお考えの場合、信頼できるコンサルティング会社、アドバイザリー会社にご相談いただき、
プロジェクトを立ち上げることをお勧めします。

ファイナンシャルアドバイザリーフィーはそのプロジェクトを推進するFA業に対する報酬で、
成功報酬形式を原則に、譲渡頂く事業価値に手数料率をかけたレーマン方式、
つまり手数料率が事業価値の大きさが増えるに従って低下する方式を採用されている会社をお勧めします。

また、レーマン方式場合、事業価値が小額になる場合、最低料金が適用されます。
尚、FA手数料には、以下の弁護士費用や司法書士費用は含まれません。


M&Aのコスト
FA手数料
弁護士費用
司法書士費用
税理士費用
M&Aコラム一覧



 

M&A契約は、買収側の弁護士が案を作成する場合が比較的多いですが、
その場合でも売却側が専門家に依頼してリーガルチェックを受けることをお勧めします。

小規模のM&Aになりますと、アドバイザーが依頼を受け、中立的な立場で案を作成することもあります。
その場合、弁護士費用は売手買手で折半することになります。


M&Aのコスト
FA手数料
弁護士費用
司法書士費用
税理士費用
M&Aコラム一覧



 

M&Aを進めるにあたり、株式に関する定款変更や役員変更、
またM&Aそのものを承認する取締役会や株主総会の決議や登記などが必要となる場面が生じます。

これらの手続きに形式的な瑕疵が生じますと、M&A自体が否認されますので、
これを専門家である司法書士に依頼することをお勧めしています。


M&Aのコスト
FA手数料
弁護士費用
司法書士費用
税理士費用
M&Aコラム一覧



 

売手が個人である場合の所得税、売手が法人である場合の法人税、
事業譲渡の場合の消費税や不動産取引税等、事前の概算見込みを専門家である税理士にご相談ください。








  一部のM&Aコンサル会社では、紹介者などを通した情報収集提供活動、同時・広範囲な営業活動など、機密保守意識の低い行動をとる会社があります。これら不用意な行動は、匿名といえども、推測に基づく情報漏洩や企業価値の低下の引き金になることがあります。一例を挙げればWEB上に匿名で「売り案件/買い案件」と一覧を出す会社は注意が必要です。私共の元にはセカンドオピニオンとして依頼を受けるケースが非常に多くなっております。